横浜山手探検隊①~桜と猫~

minamisakikaho-101 

部屋で仕事をしていると

春休み中のみーちゃん(姪)が

ドリルを持ってやってきた。

春休みは宿題がないらしい。

あくまでも自主勉強で

私が仕事をしている時は

黙って隣で勉強する。

彼女は7歳。

ところが彼女にとって私は

同じ仲間らしく同等に話す。

「OLかい!」っと

ツッコミしたくなる発言が

多々あることに加速中。

 

~部屋に流れた音楽

福山雅治さんの

「生きてる生きてく」

それを聴いて急に

みー:「福山さんも

失敗したりしながら

大人になったんだね」

と、つぶやく。

 

私:(ぬぬぬ!!)

たしかに歌詞に

「失敗とか後悔から

覚悟することを学んだ」

と、あるのだが

漢字ドリルしながら

ヒアリング

 

洋楽が流れると

むちゃくちゃだけど

妙に発音がいい鼻歌。

み:「マダナ!」

私:(あ、MADONNAね)

 

あー スッカリ

仕事の集中力が切れた。

しかし!!

人のせいにしてはならぬ

ここは一旦気分切り替え

「サクラを探しに行こう!」

私がそういうと

「ネコとキレイなお花の

写真を撮りに行こう!」

 

笑顔で具体的なテーマが返ってきた。

 

一眼レフを片手に出発!

早速裏道にひなたぼっこネコ発見。

minamisakikaho-102

<やむなく立ち去る猫/みーちゃん作>

そして探検コースはごく近所だが

みーちゃんにとって初めて通る道。

「いいものがある」と、

鞄からでてきたもの

  ”望遠鏡”

バードウォッチングかい!!と

言わんばかりの超ズーム機能付

み:

「これでどこに桜が咲いてるかわかるでしょ♪」

道が分かれると覗き込んで

「うん。こっちだ!」

そうやって辿り着いた場所

  「山手公園

minamisakikaho-103

とても桜のキレイな場所。

お花見オススメですよ。

私の住んでいる横浜は1859年に開港されて

特に山手地区は外国人によって

たくさんの文化が入ってきたので

色んな「発祥の地」が点在する。

minamisakikaho-104

この「山手公園」は

1870年(明治3年)にでき

「テニス発祥の地」として

テニス愛好家にも親しまれている。

 

テクテク山手地区を散策

桜はまだ つぼみのまま

エリスマン邸を通り

「元町公園もまだ咲いてないねぇ」

坂を下って行くと…

「あ。サクラだ!」

minamisakikaho-105

咲いてましたサクラ

みー:「サクラ探検隊の咲いてるサクラ

発見場所が、なんと小学校とは!!」

minamisakikaho-106

桜が一本だけ咲いていた

唯一の場所は、

みーちゃんの通う小学校

(キリンビール工場跡地・ビール発祥の地)

だったのでした。

 

幸せは近くにあるものですね。

 

嵐の吹く前日の話。

桜はまだ

咲いてはいけないことを

知っていたのかもしれない。

ほんわかなピンク色で

やさしさに包まれますように。

 

【カホコトバ】

好奇心は結果を恐れない。

そして

トキメキは勇気をくれる。

 
<PHOTO>
Yamate Park(YOKOHAMA/JAPAN)
山手公園(横浜/日本)2012
LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 横浜山手探検隊①~桜と猫~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です