101年目のロバート・キャパ展

1998年

映画:プライベートライアン

スティーブン・スピルバーグ監督作品

私は当時映画館に一人で観に行き

大画面で戦場の臨場感を感じた

記憶が 今もある。

 

「連合国軍ノルマンディー上陸作戦」

この戦争の最前線のキャパの写真(1944年)

映画のモデルとなったと言われてる一枚

wpid-20140501_174431.jpg

この写真は東京都写真美術館の壁一面の拡大 ↓コレ

wpid-20140501_174412.jpg

キャパは、オマハビーチにアメリカ軍と共に上陸

写真のアングルからもわかるように

ドイツ軍の発砲に背を向けて撮影していたのだ。

 

そもそも【ロバート・キャパ】は

アンドレ・フリードマンとゲルタ・タローの

二人によって創り出された架空の写真家の名前で

後にフリードマンが「キャパ」を名乗って

タローが独立していく。

その矢先にタローは戦場で天国へ旅立つ。

 

【ロバート・キャパ】の写真については

以前(消滅してしまった)のブログにも

綴ったが 写真をみていると…

「音」「声」「風」「香り」

まるでその場にいたかのような

五感にも触れられるのである。

 

戦場の写真だけでなく

こどもたちの無邪気なしぐさや

人間味あふれる瞬間を感じられ

キャパの写真が私は好きである。

 

そして

どんな現実の状況下においても

”真実に向かって近づいていく勇気”

そこに自分の中の信念と重ね合わせ

憧れるのである。

wpid-20140501_174321-1.jpg

東京都写真美術館で5月11日まで開催

展示物の中には

キャパが最後に撮った写真のネガ、カメラ

タイからお母様に送った手紙

 

キャパはタイ経由ベトナムに入り他界する

 

バンコクのオリエンタルホテルの便せんに

書かれたお母様への手紙

お母様の手元にはいつ届いたのだろう?

二度と会えない息子からの手紙を

受け取った母の気持ちに寄りそうと

胸がギュッとなる。 (;д;)

 

今回の展覧会で好きな一枚。

それは

負傷したロシア軍の兵士を

ケアするアメリカ軍の看護士の写真。

その姿をみると

敵とか味方とか

愛はその次元を超え

大きなものを創り出すことを

思い出させてくれる。

 

ロバート・キャパの名言

「戦場カメラマンの一番の願いは

失業することなんだ」

 

期間終了まであと僅かですが

ぜひともオススメの写真展です。

wpid-20140504_132604.jpg

5月11日 年に一度の「母の日」に

生んでくれた育ててくれた大切な人に

お手紙を書くのはいかがでしょうか。

 

Tarot Therapist 南咲佳歩☆

※タロットセラピーご希望の方は→コチラへ☆

 

【東京都写真美術館】

恵比寿ガーデンプレイス内

公式ホームページは→コチラクリック

 

<PHOTO>

東京都写真美術館(東京)

EBISU/TOKYO

May 2014

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 101年目のロバート・キャパ展

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です