映画:マチネの終わりに

11月1日 公開された映画初日

久しぶりに映画館へ明日を運んだ

マチネの終わりに

舞台はパリ、東京、長崎、ニューヨーク

街のトーンや何気ない日常がそれぞれあり

映画を観ながら 訪れた街を思い出す

街の風景と共に浮かぶことは

その街を共に歩いた愛する人、家族、友達

笑顔の記憶は何年経っても色褪せない


映画の内容の感想は

ネタバレになるといけないので

この映画の全体を一言であらわすと


「愛する人の側にいたい」



その想いがときに歪み、時にすれ違い

目指していた方向が変わる時

大切なことは

向き合うこと、語り合うこと


映画を観るように

一歩、遠い場所から見渡すと

起きている景色は

違ったものに感じるかもしれない。



”未来はいつも自分次第で変えられる”





Tarot Therapist 南咲佳歩⭐︎




















 






LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 映画:マチネの終わりに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください