はんなり京都 〜伏見稲荷大社編②〜

minamisakikaho-kyoto-12

伏見稲荷大社ときいて目に浮かぶのは

この「千本鳥居」の風景。

朱色のトンネルをくぐると

異空間につながるような

一歩一歩 現実からある世界へと。

 

千本鳥居は この賑わっている本殿

minamisakikaho-kyoto-18

こちらでお参りした後

更に階段を登ると「奥宮」「白狐社」があり

minamisakikaho-kyoto-25 minamisakikaho-kyoto-26

そこから更に登って

minamisakikaho-kyoto-27

この鳥居の奥にあるのです。

本殿までにあるのかと思いきや

更に奥にあるのですね〜

 

千本鳥居の手前の狐さんは

さっきよりも怖い顔してる

minamisakikaho-kyoto-22

神に近づくには安易に日常を持ち込まず

身を引き締めてくれるかのようです。

 

人生には、幾度となく問いかけがある

これ以上もっと奥に進んでいいのか?

この道を選んで進んでいっていいのか?

 

「しかと心していけ」

 

自分の進む道には 

どんなことがあっても

どんな結果であっても

全て自分自身に責任をもって

そして

その自分でいいのだと思えたならば

信念をもって自分を信じて進むこと。

 

狐さんは 静寂な森の中で

己の気を引き締めてくれるようだ。

 

幻想的な千本鳥居の景色に包まれ

神聖な森の奥へ進もう。

 

minamisakikaho-kyoto-28

 

【カホコトバ】

いきなり覚醒して到達することほどの危険はない。

幾度の問いかけ 幾度の恐れ 幾度の忍耐

到達するまでにそこにある苦難は

ある地点からみると大きな危険から守られている。

 

<PHOTO> 

伏見稲荷大社(京都) 

 FUSHIMI-INARI(KYOTO/JAPAN)

Jan/2013

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - はんなり京都 〜伏見稲荷大社編②〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です