大自然の恵み・北海道② 〜北海道庁旧本庁舎〜

minamisakikaho-hokkaido-84

「赤れんが」で親しまれる 

北海道庁旧本庁舎

明治に建てられたもので焼失するが

レンガは残っていたそう。

赤レンガは横浜の風景にもあるからか

なんだかとても心が落ち着く

minamisakikaho-hokkaido-85

この建物の屋根部分にあるドーム状の「八角塔」

そもそも1873年に計画された際

アメリカでは、独立と進取のシンボルとして

この建築様式が流行ったそうですが

その建築様式を

アメリカ人開拓使顧問ケプロンに

よって計画され建てられたとのこと。

北海道開拓にかける独立のシンボル

と、なったのだろうか??

 

旧庁舎の中に入ると、、、

minamisakikaho-hokkaido-4

アーチのあるホールがあって

光が差し込み

顔も自然に上を向きます。

minamisakikaho-hokkaido-86

 階段の上に登るとこんなかんじに

足元もゆっくり 心も静かになる

 

二階の部屋をのぞくと、、、 ちらり

minamisakikaho-hokkaido-5

 鏡のある調度品

奥には 大きな机が。

minamisakikaho-hokkaido-6

ここで歴代長官や知事が執務をしていた。

北海道旗には 赤の七稜星

赤には道民の不屈のエネルギーを

光芒には未来への発展を象徴しているそう。

個人的にはタロットカードにも

七つの光芒をもつ星が描かれているので

とても気になるシンボルでした〜゚.+:。(・ω・).+:。 

 

ほかの部屋には 、、

minamisakikaho-hokkaido-7

アンモナイト!でかい!

しかも触れる ヾ(´∀`○)ノ

樺太や北海道開拓の歴史なども

展示してある二階

 

この二階からふと上をみると

灯りが天に咲くお花のようで

なんだか好きだなぁ ('v')

minamisakikaho-hokkaido-8

 

出口からみるこのアーチ状の景色は 

まるで額縁に飾られた絵画が

描かれてそこにあるような

まるで寺院とその外の世界が

異空間であるように感じるかのような

minamisakikaho-hokkaido-87

 

不思議な時の流れを感じる場所でした。

 

 

<北海道庁旧本庁舎>

ホームページはここをクリック

札幌市中央区北3条西6丁目

 011-231-4111

 

<PHOTO> 

北海道庁旧本庁舎/北海道

Sep 2013

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大自然の恵み・北海道② 〜北海道庁旧本庁舎〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です