上なる如く、下もまた然り。

IMG_1638

3.2.1 …0 !!

10月7日

次世代型気象衛星ひまわり8号が

種子島宇宙センターから宇宙へ発射。

その瞬間の生報道をお茶の間で拝見。

IMG_1636

青空に白い線を描きながら飛び立つ姿

IMG_1641

テレビ画面を思わず写メしてしまった。

今回の気象衛星はカラー画像で送信があり

今まで見分けにくかった黄砂かどうかの判別や

積乱雲発生の過程が細やかな画像で

より早く より確実な

気象観測ができるとのこと。

 

宇宙から私たちの住む星について

客観的助言者としてご活躍に期待する。

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

私は「日本の」いや「日本人が」捉えがちな

「占い師が何もきかずに当てるのが占い」

そのような概念に変化を起こせれば、と

活動当初から持っている信念が私にはある。

 

もちろん、東洋占術も肯定する。

何も言わずにその人のことを当てる事も

肯定する。

 

何も言わずに当ててほしいと

その人が望んでいるならば、

それありきだからだ。

 

「じゃ、あたらないのか?」と言う訳じゃない。

 

当てるためだけではないということ。

 

まずは相談者のことを受け止め、

理解し、そして、寄りそう。

 

もちろん 状況に寄っては

「こうなりますよ」

と、伝えることが必要な人もいるし

 

逆に既に「こうなります」

と、わかっていても

本人が自発的に気付くことを優先に

敢えて控えることもある。

 

なぜならば、最も大切なのことは

 

「相談者自身が何を望んでどう生きる選択をするのか?」

 

心の中で本当に望んでいること

そこに相談者本人が自ら気付いて

相談者本人の意識をもって

自分の言葉で自分に言ってあげることが

大切な「人生への宣言」となり

そのことによって「願いは叶う」のである。

 

「こうなるだろう」という予測と

「こうすれば問題は解決できる」

私は、この二つをセットで伝える。

 

何も言わずに占い師があなたはこうなります。

そういう当てもの占いの時代は古い。

テレビをはじめメディアはそれを面白げに表現する

ある意味、娯楽としての成立も時にあるだろう。

 

でも、悩んでいる人にとって

とても重大な人生の選択にきていること

それを自らが強い意思をもって決断すること

何よりも大切にしたいと思う。

 

現代の日本には、いや未来のために日本人は

各個人のレベル(それぞれという意)でも

受動態から能動態にシフトする必要がある。

と、私は考える。

 

「上なる如く、下も然り。」

 

先程の気象衛星の話は

宇宙から地球をみて 地球上で起きうる

主に物質世界の気象予測をするものであるが

そもそも「占い」というのは

「宇宙」と「個人」は

別の存在として分けるものではなく

「宇宙」と「個人」を一体化として捉え

個人の人生を

客観的に捉える仕組みでもあると。

 

タロットカードってハテナ?

と、思う人がいていい。

私が、実際過去はそうだったから。

 

ただ、カモワンタロットと出逢ってからは

宇宙からの手紙がここにあることを知り

タロットにかかれた暗号を通訳する役割として

人生の使命を全うしようと、自分に宣言した。

 

宇宙 =見えない世界からの手紙

 

人生に起きることは必然である。

 

自分のコアな部分を知るには恐怖と障害が

時に伴うこともあるけれど、

何が起きてもぶれない精神を育むためにも

時に起きている事象を客観的に捉えることで

みえてくることもあるだろう。

 

minamisakikaho-flower-8

ひまわりは、太陽をみつめる花

光の差し込むほうを見つめれば

自然に人生の希望の光に包まれ

より高く成長することができるであろう。

 

独り寂しく折れそうな心にも

必ず光は差し込む日がくることを

太陽は教えてくれている、よ。

 

 

Tarot Therapist 南咲佳歩☆

 

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 上なる如く、下もまた然り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください